スカパーJSAT、Boeing SatelliteとHTSの調達契約締結(17.2.21)

スカパーJSAT(株)(東京・港区、髙田真治社長)は、Boeing Satellite Systems Internationals Inc.との間で、ハイ・スループット・システムを採用した通信衛星(High Throughput Satellite 以下HTS)の調達契約を締結した。
HTSは従来型衛星に比べて通信容量を増大させることが可能で、モバイルやブロードバンド等の市場の通信需要に対応。
スカパーJSATが調達契約を締結した通信衛星「JCSAT-18」は、HTSを採用している。スカパーJSATは、宇宙・衛星事業の基盤市場であるアジア太平洋地域でのサービス拡大を目指しており、JCSAT-18はアジア太平洋から極東ロシアにかけての広範囲なエリアにおけるサービス提供が可能。

あわせて読みたい