スカパーJSAT、次世代海洋ブロードバンドサービスの提供に向けKVH社と合意(17.11.21)

スカパーJSA(株)(東京・港区、高田真治社長、以下スカパーJSAT)は、KVH Industries, Inc.(米国・ロードアイランド州、以下KVH社)との間で次世代海洋ブロードバンドサービスの提供に向けた協業合意書を締結したことを発表した。
スカパーJSATは、海上でのインターネット利用の拡大や船舶のIoT化時代の到来を見据え、従来の海洋ブロードバンドサービス「OceanBB」を改良した次世代サービスの検討を進めており、「OceanBB」に用いられるアンテナ等を製造するKVH社は、スカパーJSATが「OceanBB」で提供する衛星カバレッジを補完するローミングパートナーである。スカパーJSATとKVHは、次世代海洋ブロードバンドサービスにおいても引き続き協業することに合意した。
次世代海洋ブロードバンドサービスは、従来よりも高速の伝送速度となる最大下り10Mbps/上り3Mbpsを実現し、18年初頭頃のサービスインを予定している。現在、スカパーJSATでは次世代サービスの提供に向けてハイ・スループット・システムを採用した通信衛星(HTS)の投入の検討や、衛星通信事業者としての強みを活かしたカスタマイズプラン、さらに各種管理ツールや付加価値サービス等の提供といった新たなサービスメニューの導入に向けた準備を進めている。

あわせて読みたい