スカパー、NTT東西、「フレッツ・テレビ」等におけるBS右旋4K放送への対応について(17.11.16)

スカパーJSAT(株)(東京・港区、高田真治社長、以下スカパーJSAT)、東日本電信電話(株)(東京・新宿区、山村雅之社長、以下NTT東日本)および西日本電信電話(株)(大阪市中央区、村尾和俊社長、以下NTT西日本)は、2018年12月より実用放送が開始される BSデジタル放送/110度CSデジタル放送(以下BS/110度CS)の4K・8K放送について、「フレッツ・テレビ」等のFTTHサービスにおいて、BS右旋4K放送を2018年12月1日(土)より提供開始する予定と発表。
【背景】
スカパーJSAT、NTT東日本およびNTT西日本は、アンテナ不要でテレビに専用端末(セットトップボックス等)を取り付けることなく地上/BSデジタル放送が受信できる「フレッツ・テレビ」を2008年より提供してきた。 また、スカパーJSATは2015年3月1日に有料チャンネルとしては世界初の4K専門チャンネルを開局し、現在は「スカパー!4K映画」「スカパー!4K総合」「スカパー!4K体験」 の3チャンネルを提供するなど、積極的に4K放送に取り組んできた。なお、「フレッツ・テレビ」等においてもこの3チャンネルを2015年4月4日より提供している。
このような中、現行の地上/BSデジタル放送および110度CS放送に加えて、2018年12月よりBS/110度CSの4K・8K実用放送が開始されるにあたり、より多くの顧客に高精細な画質による放送を視聴してもらうため、3社で「フレッツ・テレビ」等のFTTHサービスにおける実用放送への対応を検討してきた。
【対応概要】
BS右旋4K放送について、2018年12月1日(土)よりパススルーによる提供開始を予定している。これにより、現在「フレッツ・テレビ」等のFTTHサービスを利用してBS放送を視聴して いる戸建住宅および集合住宅においては、実用放送に対応する4Kテレビまたは4Kチューナーにより、BS右旋4K放送を視聴できるようになる。
提供開始日:2018年12月1日(土)
提供エリア:「フレッツ・テレビ」提供エリア
テレビ放送局:ビーエス朝日、BSジャパン、日本放送協会、BS-TBS、ビーエスフジが放送開始予定 *2019年12月1日(日)よりBS日本も放送開始予定
【各社の主な役割】
スカパーJSAT:「スカパーJSAT施設利用サービス」の提供
NTT東日本、NTT西日本:「スカパーJSAT施設利用サービス」の伝送に必要となる「フレッツ光」および「フレッツ・テレビ伝送サービス」の提供(光コラボレーションモデルにおける提供を含む)。
【今後の展開】
「フレッツ・テレビ」等のFTTHサービスにおけるBS/110度CS左旋4K・8K放送への対応については、現在検討中で、詳細が決まり次第改めて発表する。

あわせて読みたい