ジェイコム九州 熊本局、エリア特派員制スタート。市民目線で情報発信(17.7.20)

(株)ジェイコム九州 熊本局(熊本・熊本市、前田貴敏局長)は、エリア内のさまざまな情報を居住者ならではの視点で取材し、情報発信する「熊本エリア特派員」制を開始した。7月19日に委嘱式を行い、5名の熊本在住の特派員が誕生した。
J:COM熊本は、昨年の熊本地震をきっかけに、地域情報の強化について検討を進めてきた。今回開始する「熊本エリア特派員」は、地域に目指したボランティア活動や地域おこしに取り組んでいる人材に身近な生活情報から居住しているエリアの気象情報まで、地域住民の目線で取材し、情報発信することが狙い。5人の特派員は、18年3月までコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル熊本」の地域情報番組『デイリーニュース』内のデイリー生電話コーナーを中心に、地域情報を発信していく。J:COM熊本は今秋を目処に特派員を8名体制に増員し、熊本市だけでなく、益城町、菊陽町、合志市などのサービスエリアへと活動範囲を拡大していく予定。

あわせて読みたい