サイバーエージェント子会社WinTicket、オートレースでのインターネット投票サービスを開始(20.5.7)

(株)サイバーエージェント(東京・渋谷区、藤田 晋社長)の子会社で公営競技のインターネット投票サービスを提供する(株)WinTicket(東京・渋谷区、佐野智宏代表取締役/読み:ウィンチケット)は、「WINTICKET」にてオートレースのインターネット投票サービスを5月7日(木)より開始した。
現在、競輪の売上高は約6,604億円(2019年度)、オートレースの売上高は738億円(2019年度※)と算出されており、うち、インターネット投票の伸びが顕著となっている。このような背景のもと、公営競技のインターネット投票サービス「WINTICKET」は、昨年2019年4月に開始した競輪のインターネット投票に加え、オートレースの勝車投票券を購入できるサービスを開始した。また、ビデオ&エンターテインメント「ABEMA」では、「競輪チャンネル」を「競輪・オートレースチャンネル」とし、新たにオートレースの映像の配信も開始する。
「競輪・オートレースチャンネル」では、現在のファンはもちろん、これまで競輪やオートレースにあまり触れることの無かった若い世代にもその面白さを伝えることを目指し、競輪・オートレースのレース中継やミッドナイト競輪を中心とした特別番組を制作・配信する。さらに同チャンネルでは、配信や番組の視聴者がそのまま車券を購入することも可能。
今後も「WINTICKET」は、サービス展開および「ABEMA」での放送を通じて、公営競技のインターネット投票の促進と新たなファン層の獲得を図っていく。

※2020 年4月1日 JKA発表

あわせて読みたい