サイバーエージェント、小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」、 鹿児島県徳之島町での導入が決定 ~自治体導入は国内初~(18.5.15)

(株)サイバーエージェント(東京・渋谷区、藤田晋社長)は、提供する小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO(キュレオ)」が、鹿児島県徳之島町において小学生向けプログラミング教材として正式に採択されたことを発表した。自治体における「QUREO」の活用は国内初。
プログラミング教育は、2020年に国内の全ての小学校において必修化されることが決定しているが、優れた教材や指導者の不足、都市部と地方における教育機会格差などの課題も指摘されており、プログラミング教育の普及に向けて懸念となっている。
サイバーエージェントグループで小学生向けプログラミング教育事業を行う(株)CA Tech Kidsは、地方(とりわけ島嶼部や中山間地域など地理的制約の大きな地域)においても、教育効果の高いプログラミング教育を持続的に実施できる環境を構築するべく、様々な実践を行っている。2017年4月には総務省が実施する「若年層によるプログラミングの普及推進事業」の実施団体に選出され、鹿児島県徳之島町および岩手県遠野市において、地域の人材を活用したプログラミング教育モデルの構築に1年間にわたり取り組んできた。
徳之島町においては、地域住民や教職員等、計11名を対象に、50時間におよぶプログラミング指導者(メンター)育成研修を実施し、地域のプログラミング教育の担い手となる人材育成に注力。また、育成した人材を講師として、地元の子ども達にプログラミングを教える講座を開講し、徳之島町内で継続的にプログラミングを学べる環境を整備した。
このような取り組みの結果、徳之島町内においては、花徳小学校、神之嶺小学校でクラブ活動としてプログラミング教育が開始されたほか、本事業を通じて育成されたメンターがプログラミング教室を開講する等、地域で継続的にプログラミングを学ぶための環境が徐々に整ってきている。
これらの成果を踏まえ、徳之島町において今後も引き続き継続的なプログラミング教育を実施していくこと、またプログラミング教育の品質をさらに高め、メンターの負荷を低減することを目的として、当社の提供する小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」が正式に導入される運びとなった。

あわせて読みたい