サイバーエージェント、リクルートと合弁会社を設立。従業員のコンディション変化発見ツール「Geppo(ゲッポウ)」開発・提供(17.6.5)

(株)サイバーエージェント(東京・渋谷区、藤田晋社長)は(株)リクルートホールディングス(東京・千代田区、峰岸真澄社長兼CEO)と、両社共同の新規事業創出プロジェクト「FUSION(フュージョン)」発の事業として、2017年7月を目途に共同出資の新会社、(株)ヒューマンキャピタルテクノロジーを設立することを決定し、合弁契約を締結した。
「FUSION」は、両社共同での新規事業創出を目的として2016年1月に開始したプロジェクトで、両社従業員の混合チームによる事業提案、実証実験、両社経営陣による審査を経て、従業員のコンディション変化の兆しを発見する企業向けツール「Geppo(ゲッポウ)」の事業化を決定した。
新会社ヒューマンキャピタルテクノロジーは、今後、「Geppo」のシステムや設問設計の独自開発を進め、また最小限の運用負荷で簡単に導入できるよう、回答促進や読込・分析・エスカレーションといった運用代行も含めたパッケージにて販売を行う予定。

あわせて読みたい