ケーブル業界3団体による「新年賀詞交歓会」に919名出席(18.1.11)

(一社)日本ケーブルテレビ連盟(東京・中央区、吉崎正弘理事長、以下JCTA)、(一社)日本CATV技術協会(東京・新宿区、山口正裕理事長、以下JCTEA)、(一社)日本ケーブルラボ(東京・中央区、田崎健治理事長、以下JLabs)の3団体が共同で開催する「新年賀詞交歓会」が1月11日、都内ホテルにて開催された。
はじめに、JCTEAの山口正裕理事長が、「2017年はAIやIoTによる新しいサービスが開発・開始される等、話題の事欠かない1年だった。2018年はいよいよ12月1日に新4K8K衛星放送が開始される。ケーブルテレビ業界においては、すでに開始している『ケーブル4K』をはじめ、この新4K8K衛星放送への取り組み、そしてFTTH化、IP化を進展させ、さらなる飛躍・成長を続ける業界として最大限の努力をしていきたい」と挨拶した。
続いて、来賓を代表して総務審議官の鈴木茂樹氏が登壇し、「今年12月1日に開始される新4K8K衛星放送については、政府として、東京五輪が開催される2020年に約50%の世帯で視聴されることを目標としている。そのためには、すでに約3,000万世帯に普及しているケーブルテレビの協力がどうしても必要。伝送路の光化に関する補助金もご活用いただきながら、ぜひとも超高精細映像の普及にご協力いただきたい」と挨拶した。
会場には、国会議員87名(内 代理74名)、総務省他官庁37名、NHK関連48名、一般招待234名(連盟173名、技術協会37、ケーブルラボ24名)、3団体の会員事業者492名(連盟390名、技術協会93、ケーブルラボ9名)、プレス関係者21名の合計919名(昨年885名)が参集し、大盛会となった。

あわせて読みたい