ケーブルワン、佐賀県武雄市で防災行政無線の音声情報をテレビとスマホへ同時自動配信開始(17.6.21)

(株)ケーブルワン(佐賀・武雄市、大野裕志社長)は、武雄市防災行政無線の音声情報を、コミュニティチャンネルのデータ放送とスマートフォンアプリに同時配信し、視聴者が繰り返し聞くことができるサービスを6月21日より開始した。
地方自治体の防災行政無線を、屋内にいる住民に確実に届けるために、地域コミュニティチャンネルのデータ放送の活用が注目される中、ケーブルワンのサービスは、データ放送と同時に、加入者に無料提供しているスマホアプリにも同時に自動配信する全国初の取り組みで、(有)ロジックス(長崎・佐世保市、山本博之社長)、ミハル通信(株)(神奈川・鎌倉市、二ノ宮隆夫社長)、および(株)メディアキャスト(東京・品川区、杉本孝浩社長)が開発に協力している。

あわせて読みたい