クラシカ・ジャパン、“開局20周年記念”ブランドロゴ・ブランディングワードリニューアル(17.11.2)

クラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」((株)東北新社、東京・港区、植村徹社長)は、18年1月1日に、日本開局20周年を迎える。
1998年1月1日に開局したクラシカ・ジャパンは、ヨーロッパを中心に良質なクラシック音楽番組を提供してきたが、開局20周年にあわせ、ブランドロゴとブランディングワードをリニューアルし、テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへと生まれ変わる。
新ブランディングワードは「CLASSIC ALIVE ~今に響く音楽を~」。
<脈々と受け継がれるクラシック音楽は文化や時代、世代に合わせて絶えず変化し、「ALIVE(生きて)」います。
今見てみたい!今こそ見たい!など様々な「今に響く音楽」を、日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネルのクラシカ・ジャパンが、テレビ放送の枠組みを超えて、インターネット視聴、WEBサイト、シアター体験、SNSなどを通じて人と人をつなぐ、クラシック音楽のコミュニティー・メディアとして生まれ変わり進化します!!>
クラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップする。

あわせて読みたい