キヤノン、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発(19.12.19)

キヤノン(株)(東京・大田区、御手洗 冨士夫代表取締役会長 CEO)は、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて、ネットワークカメラで撮影した映像から、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発した。
キヤノンが開発した映像解析技術は、ネットワークカメラで撮影した映像や、ビデオ管理ソフトウエアに保管した録画映像から人の頭部を検出することで、人が密集している状況でも、人数をカウント可能。また、指定した領域の中にいる人数の表示や、推移のグラフ表示ができるため、混雑状況の把握や分析に活用することができる。加えて、対応できる画角が広いためカメラの設置場所の自由度が高く、さらにGPU(※1)を搭載していない一般的に使われるPCでも動作するため、設置・運用コストの抑制にも効果的だ。
これにより、都市や公共施設、スタジアムなどの監視においてデータを活用した警備計画の立案、警備員の効率的な配置に役立つほか、イベント会場や店舗での集客状況の把握、広告効果の検証など、さまざまな用途での導入が期待される。
キヤノンは、高画質・高精細なネットワークカメラの映像と映像解析技術を組み合わせた映像解析ソリューションを提案することで、安心・安全な社会づくりに貢献していく考え。
なお、日本国内では、キヤノンマーケティングジャパンが本技術を活用した映像解析ソフトウエアPeople Counter Proを発売予定(※2)。
※1 Graphics Processing Unitの略。
※2 海外では、各国・地域の販売会社が本技術を活用した映像解析ソフトウエア“Crowd People Counter”を発売済み、または発売予定。

群衆人数のカウント例

あわせて読みたい