エンルート、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す電磁探査システムでの特定実験に成功(17.6.5)

(株)エンルート(埼玉・ふじみ野市、瀧川正靖社長)は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(古河一夫理事長)のプロジェクトにおいて、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(中鉢良治理事長)、(株)日立製作所(東原敏昭執行役社長兼 )、八千代エンジニヤリング(株)(出水重光社長)と共同で、土砂災害時に地中に埋没した車両を空中から探査するシステムを開発した。
本システムはドローンと地下電磁探査センサーで構成され、探査センサーをつり下げて安定航行するための技術と、より正確に埋没位置を特定するためのさまざまなセンサーにより、自動飛行による網羅的な探査や手動操縦による精密な探査ができる。今回、実際に車両が埋設された静岡県内の実験サイトで検証実験を行い、地下1.5 mの土砂内の埋没車両の位置の特定に成功した。今後は実用化を促進し、人の立ち入りが困難な災害現場での埋没車両の位置を特定、迅速な救出活動への貢献を目指す。

あわせて読みたい