イッツコムの「テレビ・プッシュ」サービスが『防災製品大賞2018』の「防災製品部門」で金賞を受賞(18.10.10)

イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京・世田谷区、嶋田創社長、以下イッツコム)は、(一社)防災安全協会制定「防災製品大賞2018」(※1)の「防災製品部門」において、イッツコムが開発した防災情報と生活情報の配信サービス「テレビ・プッシュ」(※2)が金賞を受賞したことを発表した。昨年も同社は、防災製品大賞「新製品・開発部門」で金賞を受賞しており、2年連続の受賞。
「テレビ・プッシュ」は、自治体の緊急情報(避難勧告など)やLアラート、国民保護情報(Jアラート)が発令された場合、専用端末に搭載されたスピーカーの「音/音声」とLEDランプの「光」による通知と共に、自宅のテレビを自動で起動させ、テレビ画面の「文字」と「画像」で情報を通知する機能を搭載した防災・生活情報の配信サービス。
今回は、昨年の受賞後も積極的に全国のケーブルテレビ局と一緒に提供先自治体(行政区)を増やしているほか、新たに双方向機能を搭載するなどの技術向上に取り組んでいる実績が評価された。
日本各地で自然災害に見舞われている昨今、イッツコムは今後も全国の自治体や、各地のケーブルテレビ局と連携し、情報配信サービス「テレビ・プッシュ」が広く活用されるよう取り組んでいる。

※1災害時に役立つ製品の普及を図りさらに優れた製品を顕彰することを目的として、一般社団法人 防災安全協会が2017年に日本で初めて創設。2018年は全国60社よりエントリーされた72品目の防災製品の中から、最終審査委員会の厳正なる審査により、防災製品部門、災害食・非常食部門、復興支援部門、新製品・開発部門の各部門の金・銀・銅3賞および特別賞が決定。

※2インターネットに接続された専用(IP-STB)端末をテレビにつなぐだけで、緊急地震速報、災害気象情報等の各種緊急情報に加え、避難情報や河川ライブ、カメラ画像等の自治体と連携した防災・災害情報や各種生活情報等を知らせるサービス。これらの情報は専用端末搭載LEDランプの光と、スピーカーの音声、テレビ画面にプッシュ配信され、緊急度が高い情報の場合は、テレビが消えていてもテレビの電源を自動的に立ち上げ、また、テレビや録画番組視聴時には、画面を自動的に切り替えて知らせる。

あわせて読みたい