イッツコムと宮古テレビ、「インテリジェントホーム」を用いて母牛の遠隔見守り実証実験開始(17.7.28)

イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京・世田谷区、高秀憲明社長)と、宮古テレビ(株)(沖縄・宮古島市、玉城 篤社長)は、8月1日から3カ月間、IoTを活用したお産前の母牛の遠隔見守りに関する実証実験を行う。
同実験は、沖縄県宮古島市の畜産農家における子牛の生存率低下や、管理者の負担増などの課題解決を目的とし、実験にはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から手軽にモニタリングやコントロールができるサービス「インテリジェントホーム」のIPカメラや、モーションセンサーを連携させて使用する。
「インテリジェントホーム」を畜産農家の牛舎に設置し、お産を控えた母牛のIP カメラによる監視と、お産24 時間前に活発になる動きをモーションセンサーで検知することから、IP カメラと連動した画像とともに畜産農家管理者のスマートフォンやタブレット端末へ知らせる。
両社は、モバイル端末による通知の頻度やタイミング、映像の伝送手法、夜間の画質・IoT 機器の性能などを検証。実験の機器設置はイッツコムが、サポートや、メンテナンスは宮古テレビが行う。

あわせて読みたい