イッツコムとナショジオ、「写真と映像で知る絶滅危惧種の動物展」開催(17.12.21)

イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京・世田谷区、高秀憲明社長、以下イッツコム)は、テレビサービスで放送中のドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」(FOX ネットワークス(株)、東京・品川区、デイビッド・シン社長、以下ナショジオ)協力のもと、“ナショナル ジオグラフィックTV『PHOTO ARK:動物の箱舟』放送記念 写真と映像で知る絶滅危惧種の動物展”を12 月22 日~18年1月8日、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催する
本イベントでは、ナショジオの写真家ジョエル・サートレイ氏が中心となって立ち上げたプロジェクト「PHOTO ARK(*)」で撮影された中から厳選した写真を、絶滅危惧のカテゴリー別に分け、36 点展示。会場では「PHOTO ARK」プロジェクトの裏側に密着したドキュメンタリー番組『PHOTO ARK:動物の箱舟』(全3話)の第1 話を上映。
また、本イベント会場では、動物の折り紙を楽しめるワークショップや、フォトスポット、クイズラリーも用意。
(*)「PHOTO ARK」プロジェクト:世界の動物園・保護施設で飼育されている1 万2,000 種の動物すべてを写真で記録する、ナショナル ジオグラフィックの写真家ジョエル・サ
ートレイ氏が中心となって立ち上げた撮影プロジェクト。動物の姿を記録し、発表することで、絶滅の危機にある動物への関心を高め、未来の世代に動物の姿を伝えることを目的としている。“ARK”とは箱舟を指し、“PHOTO ARK”とは「写真版ノアの箱舟」を意味する。ジョエル・サートレイ氏は撮影のために25 年を費やす予定で、現在すでに約7,000 種以上の撮影を終えている。

あわせて読みたい