イッツコム、18年の4K実用放送開始に向けて、初の4K番組を制作(17.9.20)

イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京・世田谷区、高秀憲明社長、以下イッツコム)は10月10日より、おいしいお酒と肴を目で見て感じられる新番組『モト冬樹のまちかど呑み散歩』をイッツコムチャンネルにて放送開始する。
同番組は、MCのモト冬樹が“まち・お酒・食”をテーマに、きらめく夜の酒場をめぐり、店主から見た地域の魅力、常連客がその店を愛する理由などを掘り下げながら、酒と食を楽しむ“まちブラ・まち呑み番組”。
第1回は、近年「住みたい街ランキング」で上位の常連となっている武蔵小杉駅の界隈で、女性にも人気の隠れた名店「うおいちや」にて、ワイン、日本酒、焼酎など、さまざまなお酒と魅力的な料理のマリアージュを楽しむ。
同番組は、18年(予定)の4K実用放送開始に向けて、イッツコムでは初めて全編4Kカメラによる精彩な映像で制作する。17年12月からは、ケーブルテレビ業界の全国統一編成による4K放送を配信している「ケーブル 4K」でも放送する。

あわせて読みたい