「Inter BEE 2018」開催概要決定/11月14日~16日 幕張メッセ(18.9.25)

(一社)電子情報技術産業協会(東京・千代田区、柵山正樹会長、以下JEITA)は、11月14日(水)から16日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市)で、最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスのイノベーションが一堂に会する、「Inter BEE 2018」
を幕張メッセ(千葉・千葉市)で開催する。
「Inter BEE 2018」は、コンテンツを中核として「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の領域を網羅する、メディアコミュニケーションとエンターテインメント総合イベントとして開催に向けた準備が進められている。
9月27日(木)より、公式Websiteで入場事前登録とフォーラムの聴講予約を開始する(入場無料)。
9月27日時点で、過去最多となった前回の出展者数1,139社を上回るペースでの出展申し込みがあり、最終的には過去最大規模での開催となることを見込んでいる。

公式Website http://www.inter-bee.com

【開催概要】
■名称:Inter BEE 2018/(第54回)2018年国際放送機器展
■会期:11月14日(水)・15日(木)10:00-17:30/11月16日(金)10:00-17:00〔3日間〕
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)、NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会、一般財団法人デジタルコンテンツ協会、一般社団法人放送サービス高度化推進協会(順不同)

「Inter BEE 2017」の会場風景

あわせて読みたい