「ケーブル・アワード2017」贈賞式開催。須高ケーブルテレビがグランプリおよび準グランプリ受賞(17.7.20)

(一社)日本ケーブルテレビ連盟(東京・中央区、吉崎正弘理事長)、(一社)日本CATV技術協会(東京・新宿区、山口正裕理事長)、(一社)衛星放送協会(東京・港区、和崎信哉会長)の3団体主催による「ケーブルコンベンション2017」が7月20日・21日、東京国際フォーラムにて開催された。20日の開会式の後、「ケーブル・アワード2017 第10回ベストプロモーション大賞」贈賞式が行われ、グランプリ・準グランプリ等が発表された。
「ケーブル・アワード2017 第10回ベストプロモーション大賞」には全国のケーブル局から173作品の応募が寄せられ、6月23日に10局12作品の入賞作品が発表されていた。贈賞式で発表された各賞は次の通り。
【グランプリ】
須高ケーブルテレビ(株)(長野)「全校放送.学校行事はケーブルで!シリーズ」
【準グランプリ】
須高ケーブルテレビ(株)(長野)「長寿の里高山村台湾向けプロモーション」
となみ衛星通信テレビ(株)(富山)「となみ野むかしがたりによる地域文化の伝承」

あわせて読みたい